ダニが洗濯機で洋服等にうつるリスクを軽減する方法

多くの人が、ダニ対策の一つとして「洗濯」という認識があるのではないでしょうか。

しかしダニの生命力は我々の想像を超えており、洗濯機に回すだけではダニが死滅しきるまでには至らず、むしろ洋服から洋服へと他の衣類にうつるリスクすらあるのです。

漂白剤や洗剤はダニにとっては無害と言って良いほどで、洗濯機を回したあとの排水を調べたところ、なんと約70%のダニが生きていたという実験結果もあるほどです。以下が環境再生保存機構による実験動画です。

また、衣類によっても付着の仕方や除去のしやすさも異なります。(基本的に、厚手の衣類ほどダニは除去しにくいです)

結論としては、ただ単純に洗濯機を回せばダニ退治にもなるというのは認識の誤りと言えます。ダニが気になるという方は、洗濯機を使う前後に以下のポイントに気をつけましょう。

洗濯機を使う前後で気をつけたいポイント

まず最も効果的と言えるのが、乾燥機能を使うことです。ダニの弱点は熱と乾燥であるため、熱風をもって衣類を乾燥させるという乾燥機能の過程でかなりのダニ駆除効果が見込めます。

ただし、ヒートポンプ式など低めの温度で乾燥させるタイプの機能の洗濯機もあるため、今使っているタイプによっても駆除効果は異なります。そもそも乾燥機能がない洗濯機もあるので、その場合は天日干し+アイロンを徹底すると良いでしょう。

もう一つは、洗濯槽の扱いに注意することです。ダニは衣類に付着する以外にも、洗濯槽に潜んでいるパターンもあります。

洗濯槽に潜むダニは基本的にカビを餌にして生息しているため、定期的に塩素系の洗濯槽クリーナー(もしくは塩素系漂白剤)を使って清掃することで、ダニの繁殖を抑制する効果があります。

また、そもそも洗濯槽にダニが入り込む原因として、「湿気が多い場所だから」という理由もあります。洗濯機を回したあとは常に蓋を開けっ放しにしておく、もしくは前述の通りに乾燥機能を使うことで、使わないときは常に洗濯槽を乾燥させておくという状態を保てると理想です。

コインランドリーでダニがうつるリスク

コインランドリーの場合、他の人が使ったあとに利用することでダニがうつるのではないかと心配になる人も多いと思います。

しかし存外、コインランドリーでダニがうつるリスクはそこまで高くありません。洗濯機自体がステンレス製のためカビが発生しずらいのと、一日一回は洗濯槽や乾燥機を洗う必要があるため、むしろ家庭用の洗濯機・乾燥機よりもリスクは低いとも言えるのです。

自宅の洗濯機に乾燥機がないという人はコインランドリーを使ってみるというのも一つの手です。

そもそも衣類にダニを付着させないために

ここまで洗濯機でダニが他の衣服にうつるリスクやその対策・ポイントをご紹介しました。

洗濯機のダニ対策は洗濯槽に潜ませないようにするというのが大きなポイントですが、そもそも衣類にダニを付着させないようにするのも大事です。

外で付着する以外にも、衣類を収納している場所に家に潜むダニが付着することも多いため、衣装ケースや押し入れの近くにダニ捕りシートを置いておくことをおすすめします。おすすめのダニ捕りシートを以下でご紹介しているので、良かったらあわせてご覧ください。