【育毛の噂】逆立ちが効果的って本当?

「逆立ちが育毛に良いらしい」そんな噂を聞いたことがありませんか?

頭皮の血行が良くなるという理由から、逆立ちが育毛に効果的という話があります。しかしAGAクリニックのドクターや皮膚科医の間では、医学的な根拠がないとして否定の声も少なくありません。

今回はそんな育毛の噂「逆立ち」について解説します。

アメリカでは知られている育毛方法

逆立ちによる育毛は、アメリカの女性の間では支持者の多い方法として知られています。「Inversion Method」と呼ばれるもので、まずエッセンシャルオイルを薄めて髪に塗り、マッサージをした上で逆立ちした状態を4分間ほど保持するというものです。

厳密には逆立ちでなくとも、椅子に座った状態で頭を下げて髪の毛が下に来るようにする状態を維持すれば良いとのこと。

これを毎日繰り返すことで、月に1~2インチ(2.5~5cm)ほど髪の毛が伸びる効果が期待できるというのが、Inversion Methodです。一種の健康法のようなものですね。YouTubeでInversion Methodを検索すると、様々な解説動画が出てきます。

逆立ちによる期待効果

日本でも「逆立ち健康法」という言葉がありますが、逆立ちには身体にとって幾つかのメリットがあると言われています。

まずは、冒頭で取り上げた通りに「頭皮の血行が良くなる」という点です。頭部にかかっている重力を逆立ちによって開放することで、血行が良くなり毛細血管に栄養を届きやすくなるという期待効果があります。同様に脳にも栄養が届きやすくなるため、自律神経の働きが良くなるという利点もありますね。

また、筋肉の緊張がほぐれることにより身体全体の血流の巡りが良くなり、頭部にも栄養がいきやすくなります。これらが逆立ちによる育毛への期待効果です。

もちろんですが、やりすぎると目眩や立ちくらみの原因となるので注意しましょう。

育毛方法としてはあまりおすすめしない

上で紹介したInversion Methodは、繰り返しますがアメリカの女性の間でメジャーとなっている方法です。ここで一つ疑問に思うべきは、なぜ女性の間だけなのかという点です。

冒頭でも説明した通り、頭を反転させることによる育毛効果は医学的な根拠がありません。Inversion Method自体にも医学的な根拠がないため推測になってしまいますが、頭を反転させることで自律神経の働きが良くなり、結果として女性ホルモンのバランスが良くなるという点が大きいのではないでしょうか。

以上のことから、健康法の一つとして取り入れるのはありですが、育毛効果を期待して毎日の逆立ちを行うというのはあまりおすすめしません。